ロックスターとあご削り

あご削りというと某ロック歌手の方が頭に浮かんできます。とても歌が上手で、世界中から評価され人気がありますが、そういった事実があるにも関わらず顎のことで悩んでおられたようです。あまりにも悩まれていて、それがきっかけでいろんな問題を引き起こすことになってしまいました。今は立ち直っておられてまた素晴らしい歌を歌っておられるため良かったなと感じています。もしそういった顔の特徴がなければ、そういった問題も起きずに済んだかもしれません。顔のことはやっぱり人それぞれいろいろ悩んでしまうものだなと感じています。気にしてしまうからこそ、あえてそこを指摘しないということはとても大切なことなのではないかと考えてしまいます。もっと治療の技術が進歩して、そういった悩みで人生が歪んでしまわないように気軽に治療できるといいなと感じてします。あご削りを気軽に某ロック歌手の方もできたらよかったなと考えてしまいました。

あご削りの手術について

あご削りは、フェイスラインをシャープにさせ、スッキリと整えるため、あごの骨を切ったり削ったりする整形手術です。左右の顎の形が違っていたり、あごが突き出している等の状態を改善するために行う手術です。手術方法は、ほとんどが口の内側から切開します。外側からは見えない部分を切開するので、傷跡は目立ちません。骨の切除方法は、なりたいあごの形や手術する前のあごの状態合わせて使い分けます。あご削りの手術をすることで、顔の輪郭の骨の形が変わるので、顔の見た目が大きく変わり、その効果は半永久的に続きます。ボトックスやヒアルロン酸注入のように時間が経つと元に戻ってしまう心配はありません。ですが骨を切ったり削ったりするために、あごの骨が弱くなったり、誤って神経に傷つけてしまった場合には、後遺症が起こるというリスクがあります。

フェイスラインに悩んだら「あご削り」

人は見た目から相手の第一印象を判断します。中でも約6割の人が、まず顔を見ると言います。自分の顔にコンプレックスのある人は、その部分が気になるだけで、人と目を合わすのが苦手になったり、消極的になってしまいます。顔の気になるパーツとして、あごを挙げる人は意外と多いです。あごが長い、割れている、左右で形が違うなど、パッと見で相手の印象に残ってしまう部分でもあります。あごにコンプレックスを持ち、美容整形外科を訪れる人も多いです。これらを解消する手術が「あご削り」で、あごの骨を削る、または切ることで、フェイスラインをスッキリさせることが可能になります。手術はほとんど全身麻酔で行われるので、術中に痛みを感じることはありません。また、気になる傷跡ですが、口の中から切開するので、目立つ事もありません。ただ、術後の腫れが引くまでに時間がかかるようですね。また、一度手術をすると修正は難しくなりますので、信頼できるドクターを選び、カウンセリングを十分に行いましょう。

実際に施術をするドクターが時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 自然で美しい理想の小顔は生体機能と美容的側面を両立させた骨格が重要です。 正面と側面を含めて三次元的に骨格分析をおこない、輪郭とバランスのとれた目や鼻および口元の形を提案。 20年以上にわたる臨床経験がお役に立てます。 Lefort-1は正確な計測で手術を行います。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 あご削りをご希望ならこちら